絆創膏で二重になれる~メリット・デメリット~

低コストで二重になれるということで好評(?)の絆創膏で二重になる方法ですが、メリット・デメリットがあるはずです。その辺を調べてみました。

メリットはやはり低コストということじゃないでしょうか。

絆創膏だとたかが知れてる金額ですよね。

安いです。まあ、少し良いものを選んだとしても、そんなにかかりません。

また、手軽に手に入るということも良いですよね。

そして絆創膏ってことで、お肌にもやさしいというところ。

ただ、絆創膏によっては、肌に合わないものもでてくるかもしれませんので、気を付けてくださいね。

絆創膏も肌に貼っても目立たない透明タイプのものを選べば、まぶたに貼っても目立たなくていいですしね。

ではデメリットは?

一応これで効果があったと言う人もいるので、まったく効果がないとは言えませんが、少々心配な面もあります。

それに、美容成分などが入ってるわけじゃないので、まぶたを引き締めるとか、潤いを与えるとかそういうことがないのがちょっとザンネンかなと。

個人的にもうひとつ、難しいということ。

もちろん慣れてしまったら簡単なのかもしれませんが、目元の細かい作業なので、手先が器用じゃないともしかしたら失敗が多いかも・・と思ったのです。

それでも絆創膏で!!と思ったら、やり方などもいろいろ探してみて、頑張ってみてくださいね^^;

プチ整形でなれる二重の手軽さにまさるものはないんじゃないかと思います。

プチ整形ってまぶたを切ってするものではなく、留めて二重をつくるものなので、簡単にすむからいいんですよね。

値段的にも切開をするよりも安めですし。

ただメリットばかりではなく、手軽なだけに切開する方法よりは持ちが悪いんですよね・・・・(^^;)

人によるとは思いますが、2~3年で一重まぶたに戻ってしまったという人もいるようなので、永遠性がないという意味ではその点を覚悟して施術を受ける必要もありますね。

ということで、永遠性を求めるなら切開する方法がいいのですが、これがまた失敗したり自分の理想の形でない時は最悪の事態になります。

リスクがかなりともなうので、ちょっと勇気もいりますよね・・・・。

となるとやはりプチ整形って思いますが、プチ整形よりも手軽なのは、やはり自分で二重のクセ付けをすることではないでしょうか。

もちろんこちらも永遠性はないですが、自分の願う二重のクセ付けが自由に出来るという面や金銭的にも負担がないので整形の前に試すのがいいでしょうね。

アイプチが有名ですが、最近は夜寝ている間に二重のクセ付けをするナイトアイボーテとかおすすめですよね。発毛