毎年贈るリンゴを頼みにリンゴ園へ

冬が近づくとリンゴが成熟後度を増し美味しくなります。毎年親戚にこの秋の果実を贈るためリンゴ園へ行きますが、今年もそんな季節です。 リンゴ農家によって味や一口噛んだ食感の違いやジューシー感のの違いが大きいことや、後継者がいないなど農園の事情もあり、何度か購入先を変えて来ていますがここ数年は同じリンゴ農家へ頼んでいます。
初めてそのリンゴに出会ったのは、私の趣味で通っている韓国語教室で学んでいる方で、、リンゴのシーズンも終わる 年が明け、春も近い頃、私の作ったリンゴだけれどと赤い実を持って来た時でした。 家に持ち帰り早速皮を剥くと包丁を入れた瞬間 感じるリンゴのぼけた感じが全く無いのに驚きました。 時期的にほわっと柔らかさがあるのが普通でそういうものと思っていただけに口に入れても甘みと酸味の絡みが採りたてのままのジューシーさを保っていて、この時期にこの味と感動しました。 韓国語教室でその方は韓国語の先生の この頃はどんなことをしていますか?の問いかけにリンゴ農園の作業や作業にかかわる家族との状況をハングルで答えていてリンゴ農家ということはわかっていましたが、その方の誠実そのものに思えるリンゴに出会えたことは幸運でした。最新のバストアップ法は効果が決め手のグラニティアップローチ!